社会的排除

国際連合が創設されて以後、人権の保護・実現を目的として国際連合総会で採択され、加盟国数が条約発効基準を満たして発効した、経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約[1]市民的及び政治的権利に関する国際規約[2]女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約[3]児童の権利に関する条約[4]あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約[5]障害者の権利に関する条約[6]難民の地位に関する条約[7]強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約[8]、、国際労働機関の諸条約[9][10]などが規定している人権が、意図的、不作為、認識不足、努力不足、能力不足などの原因により、侵害され、実現されず、社会から孤立している状態を表現する包括的な概念である[11]

国際連合総会国際連合経済社会理事会国際連合人権理事会[12][13]世界保健機関[14][15]国際労働機関[16]国際連合教育科学文化機関[17][18]においても、日本政府の首相官邸においても[19][20][21][22][23][24]、内閣府においても[25]、厚生労働省においても[26][27]、解決すべき重大な問題と認識されている。